スポンサードリンク

【発表】2013年のベストショップ!

2014年01月31日

STAP細胞

STAP細胞を開発した小保方晴子さんは若干30歳。

若いからこそできることもある。

これまでの常識にとらわれない発想。

だから、

「細胞生物学の歴史を愚弄している」

なんて先達に言われて、煮え湯を飲むこともあったでしょう。

でも、自然現象をしっかり見る目があったから、気づく感覚があったんでしょうね。

朝ドラ「ごちそうさん」のふくちゃんみたい。

【送料無料】ごちそうさん(part1) [ NHK出版 ]


posted by しょうた at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
しょうたの日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。